メニュー
交通・アクセス

施設情報

中野区中野地域包括支援センター
〒164-0011
東京都中野区中央3-19-1(中部すこやか福祉センター内)
03-3367-7802

交通・アクセス

東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩12分

介護保険認定

介護保険のサービスを利用するためには、まずは要支援・要介護認定申請が必要です。要支援・要介護認定とは介護保険のサービス利用を希望する方が介護保険の対象となるか、またどのくらい介護を必要としている状態であるか(要介護度)を判定するものです。
要支援・要介護認定は、訪問調査の結果と、主治医意見書にもとづき、保健・医療・福祉の専門員で構成される「介護認定審査会」で介護の必要性(介護にかかる時間)、状態の維持・改善の可能性など総合的に審査判定し、区が認定したものです。
介護保険では、要介護度に応じて利用できるサービスの種類や限度額などが決まります。
認定区分は、介護を必要とする「要介護」の場合の5段階と、日常生活に介助が必要な「要支援」の2段階の計7段階です。

要介護・要支援認定申請

要介護認定申請をする場合はお近くの地域包括支援センターへご相談ください。認定申請の受付の他にも介護保険のサービス利用の方法などをご案内いたします。
地域包括支援センターの所在地・営業時間はこちらをクリックしてください。

要介護認定申請は、各地域包括支援センター、各すこやか福祉センター、各地域事務所、区役所2階10番窓口(認定担当)で受け付けています。
要介護認定申請書のダウンロード・申請書の書き方はこちらをクリックしてください。

■申請から認定の結果が届くまでは約1か月かかります。
■申請の日から必要なサービスが利用できますので、申請の際にご相談ください。
■認定の有効期間は、原則として6か月とし、その都度見直されます。介護サービスを引き続き利用する場合は、更新の認定申請が必要です。更新認定申請は有効期間満了の60日前から行うことができます。
更新の場合には、原則12か月とし、状態によって有効期限が24か月となる場合もあります。
■認定を受けてから心身の状態が変わった場合には、更新認定申請の時期を待たずに要介護度の変更申請をすることができます。

ページの一番上に戻る