中野区中野地域包括支援センター
トップページ > 中野区中野地域包括支援センター > 中野区中野地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/06/02 20:26

包括の窓口

・担当利用者の作品を飾ることで、包括の窓口が明るくなります。

もう目が見えなくなった、手先がうまく動かない等々・・・モニタリングに伺うたびに自分の楽しみを自分からあきらめてしまう方々に

「包括の窓口に飾らせてください」と声がけすると、「あら、そう、どれにしようかしら?」と押入れの奥から眠っている作品達が

箱からたくさん出てくる。

 細かい作業が少しずつ難しくなったと話されますが、まつぼっくりを拾ってきて、きれいに洗い乾燥させて、ちりめんの布に綿をつめて一つ一つまつぼっくりの隙間にはめ込んで、華やかな作品となります。 

2週間程度の期間をかけて丁寧に作られるそう。

 今回は3つ窓口に飾るため預かりました。 絵手紙は6月なので変更しました。

ページの一番上に戻る