中野区中野地域包括支援センター
トップページ > 中野区中野地域包括支援センター > 中野区中野地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/07/02 08:32

感染症を媒介する蚊  ヒトスジシマカ

感染症を媒介する蚊対策講習会へ参加してきました。

講義の内容を少しずつお伝えしていきたいです。

                    ヒトスジシマカ

見ているだけでかゆくなりそうです・・・

ジカ熱(ジカウイルス)・デング熱(デングウイルス)の運び屋です。

(やぶや草むらに生息し、胸背に1本白縦筋と足の関節に白斑を持ち

刺された時のかゆみが強く活動範囲は100~150mと狭い)

原因となるウイルスは、感染した人の血を吸った蚊の体内で増えます。

その蚊がまた他の人の血を吸うときにウイルスを移し、感染を広げていきます。

H26年8月に代々木公園でデング熱が流行しました。

海外で感染し帰国した人が公園内の複数の蚊に刺され、その蚊が

他の人を刺したことにより広がった可能性が高いと考えられています。

・流行地域に渡航する場合は防蚊対策を徹底する。

・今年以降もデング熱の流行は起こる可能性があり、日頃から

 蚊に刺されないように気をつける。

熱中症の予防と蚊に刺されない工夫で、夏をお過ごし下さい。 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る